結婚式にかかる費用の総額

披露宴か挙式かで費用がかわります

結婚を考えているカップルにとって気になることの一つは結婚式の費用です。大きなイベントであり100万円以上かかるため、どれくらい貯金をすればいいのか、どの方法だったら安く済ませられるのだろうかと気にされる方も多くいます。そこでまず一般的な結婚式の費用についてまとめます。まず結婚式にかかる費用は、披露宴のみを行うのか、挙式だけを行うのか、それとも両方行うのかで大きく変わってきます。もし、神社やチャペルで結婚を誓うという挙式のみを行う場合は、挙式料と衣装料を含めて20万円から40万円が一般的となります。一方、列席者の方に結婚報告を行うための披露宴を行う場合は、招待する人数によって金額が大きく変わってきます。

色々な費用がかかります

次に披露宴の費用についてまとめます。イメージを持ちやすくするために、例を出しながら紹介します。まず挙式料です。これは披露宴の会場や地域によって大きく変わりますが、だいたい10万円から20万円です。次に料理です。これはある程度値段の希望を出せる部分ですが、参列者の満足度にも大きく関わります。だいたい一人1万円から1万5000円ですので、参加人数によって大きく変わります。例えば一人1万2000円とした場合、30人だと36万円ですし100人だと120万円です。また飲み物は料理とは別料金になりますので、一人あたり3000円程度追加になります。次に衣裳ですが、新郎新婦合わせて10万円になります。その他にもケーキや引き出物、写真など外すことはできない費用がいくつもあります。それぞれを合わせると、80名の披露宴ではだいたい200万円から300万円程度の費用がかかります。