結婚式場の見学

ゲストの目に触れるところを細かくチェックしましょう!

結婚式場の見学に行くと、新郎新婦の控え室やきれいなバージンロードなど、当日の自分たちの様子をイメージできるところに目が行きがちです。式場の担当者も、その会場の華やかな部分をアピールできるように案内をしてくれると思います。しかし、ゲストにも喜んでもらえる結婚式にするためには、ゲストの目に触れやすいところもしっかり見せてもらうようにしましょう。会場までの道は分かりやすいか、待合室やお手洗いは快適に過ごせるように整っているか、ゲストの席から見える景色はどうかなど、一日の流れを考えながら見学できるといいでしょう。清掃が行き届いているか、式場にいるスタッフの皆さんの雰囲気も、同時にチェックできるといいですね。

見積もりはなるべく現実的な数字を出してもらいましょう!

式場を見て回ったら、だいたいの予算を提示してくれるところが多いです。しかしよく見ると、料理や会場の装花、衣装などがその会場の一番安いランクのものの値段になっていることがあります。その予算で結婚式ができると思っていたら、実はどれもランクアップしないと物足りないものだったため、最終的にははじめに見た予算から請求金額が大きく跳ね上がってしまったということも起こりがちです。見学の際、会場に装花が置かれている場合もありますので、「このくらいお花を飾ると、どのくらいの予算になりますか?」と確認してみるのもいいでしょう。衣装もいいなと思うものがあれば、追加料金が必要なものかその場で確認しておくと、後で考える際に役に立ちますよ。